インプラントを長期間保たせる

>

インプラントの寿命について

適切な治療を行われていることで変わる

学会での発表によると、インプラントの寿命は10年~15年であり、生存率は約90~95%となっています。また従来のブリッジは10年で50~70%と言われていることから、インプラントの寿命はかなり長いことが証明されています。
しかしその中でインプラント治療を受けた約1割ほどは、10年以内でインプラントに何らかの異常を発生していることが判明しています。

まずインプラントの寿命は、その手術が適切に行われたかどうかで大きく決まるようです。要するにインプラント治療は、歯科医師が正しい知識と技術を身につけて治療を行っているのと同時に、骨の状態を詳しく診査できる設備が整っている歯科医院を選ぶことが重要となっています。

メンテナンスやセルフケアによって変わる

インプラントは虫歯になることはありませんが、歯周病(インプラント周囲炎)は普通に発症します。またインプラントには神経が通っていないので、これら病に感染しても自覚症状がありません。
しかし歯科医院でインプラントの状態やかみ合わせなどのチェックを行う、「定期メンテナンス」により、寿命をのばすことが可能です。
その一つは念入りな「歯磨き」を毎日行うことです。食後の後は歯を磨くという習慣をつけることはもちろんこと、歯医者の適切な指導をもとに、正しいブラッシングの方法で歯を磨きましょう。

インプラントをさらに20年、30年と維持させるのは患者次第です。人工歯だから平気だろうと思わずに、日頃からの歯磨きや定期メンテナンスを行いましょう。


この記事をシェアする